冬に温泉旅行へ行くとき、注意すべきこととは!?

温泉から出た後に湯冷めをしないこと!

テレビの情報番組などを見ていると、浴衣に上着を羽織って街中を歩く観光客の姿が映し出されることがありますよね。せっかく体を温めたのに、薄着で出歩くと湯冷めが心配です。暖かい季節はともかく、寒い季節はくれぐれも注意しましょう。また、冷え症や関節痛など、なんらかの症状改善のために温泉を訪れる人もいますよね。しかし、せっかく温めた体を冷やしてしまうと、温泉につかった意味がなくなるのではないでしょうか。もちろん、施設内を移動するときも、湯冷めしないように保温するように心掛けたいですね。

美味しいからといって、食べ過ぎないこと!

旅行の楽しみのひとつに「ご当地グルメ」があります。冬は「カニ料理」をはじめ、海の幸を使った料理は温泉宿の定番ですよね。また、旅行先を決めるときも、料理メニューを重視する人が多いのではないでしょうか。特に、宿泊を兼ねた旅行をするときは、アルコールの摂取も含め、ついつい過剰飲食してしまいがちです。もちろん、旅行中は日頃の嫌なことを忘れて、思いっきり楽しみたいですよね。だけど、食べ過ぎ・飲み過ぎで体調を崩してしまうと元も子もありません。ハメを外すのもほどほどにしましょう!

温泉旅行に持っていきたい、お勧めのものとは!?

近場の温泉へ行くときは、日帰りが可能になります。その場合でも、着替えの下着を持っていきましょう。冬場は汗をかきにくいから「まあ、いいや」と思う人もいるかもしれません。しかし、温泉で心身ともにリフレッシュした後は、清潔な下着を身に着けてさっぱりしましょう。また、タオルを持っていくか迷うこともありますね。有料レンタルになっている温泉施設の場合は、自宅から持っていくと節約にも役立ちます。ほかには、絆創膏や胃腸薬なども持っていくと安心です。さらに、健康保険証を持っていくといいですよね。

スキーツアーでは、その土地の観光や、温泉、グルメなどがツアープランの中に組み込まれており、スキー以外も楽しめます。